子供の笑顔に癒される日々|幅広く活躍する保育士なら大学選びが重要

受験資格が必要になる

勉強する男女

衛生管理者を目指す人は年々増えていますが、受験するには実務経験が必要になります。学歴によっても期間は異なるので確認しましょう。試験内容は過去問題から対策していきましょう。

もっと知ろう

学校によって異なる

保育園

保育士を目指す人にとって学校選びは重要になっていきます。子供と接する仕事のプロとして取得するべき資格や、取得できる資格も学校によって異なります。保育士の資格を取得するには大学や短期大学、専門学校へ進学することが一般的です。短期大学は幼稚園教諭の免許を取ることを目的とした学校と、保育士の資格を取ることを目的とした学校があります。学科も保育科やこども学科など、学科名にも種類がありますが、取得できる免許や資格に大差はありません。実習先が異なる場合があるので、取得したい資格が取れる学科を選ぶことが大切です。4年制大学では、保育士に必要なこと以外にも、保育に関連したもっと幅広いことを勉強できるといったメリットがあります。専門学校や短期大学なら短期で学べる分、早い段階で現場に就けますが、もっと深く勉強したい人や他の資格を取りたいと考えている人は大学へ進学すると良いでしょう。保育士になるためには資格の取得は大事ですが、しっかりと保育園で実習できるかも確認することが、進路を考える上で重要になります。せっかく4年制大学へ進学しても、保育園への実習がカリキュラムに組み込まれていないと、子供と触れ合う経験ができないため、実際の現場で働く時に不安を感じてしまいます。大学を選ぶ時は、カリキュラムや授業内容を確認し、取得できる資格や免許を調べることが大切です。幅広い分野で活躍できる保育士になれる学校を探しましょう。子供の笑顔に癒される日々が送れるはずです。

子供と接する職業

女性

子供の身の回りのお世話から、保護者へのサポートまで子供に接する仕事のプロである保育士は、学校に行くことで資格を取得することが可能です。短期で取得したい人や学びたい分野によって選ぶ学校は異なります。

もっと知ろう

幅広い視野から子供を見る

先生

子供の小さな変化に気付き、保護者とのコミュニケーションも重要になる仕事が幼稚園教諭です。大学や専門学校で免許を取得し採用試験で合格するとなれますが、今後は保育士の資格も必要になっていきます。

もっと知ろう