子供の笑顔に癒される日々|幅広く活躍する保育士なら大学選びが重要

子供と接する職業

女性

子供がいる家庭にとって必要不可欠な施設は保育所です。そこで保育士は子供の様子を細かく見て、親が安心して子供を預けるように努めます。1日の大半を子供と接しますが、たくさんの子供を見るためにスケジュールが組み込まれているのです。まずは食べることの指導から保育士の仕事は始まります。子供は食べる、眠るといった基本的な生活習慣を自分でコントロールすることができません。それを保育士がサポートして、生活習慣のリズムをつけさせるのです。昼食と朝食、そして一番大事な排泄まで保育所で管理しながら見てあげられれば、子供にとって理想的な環境が整います。こういった仕事を保育士はしているので、社会にとってとても重要だといえるのです。それを体系的に学ぶために学校があります。
保育士になるには国家資格を取得しなければなりません。ですが専門学校や大学を卒業した場合、試験を受けずに資格を得ることが可能です。ですが学校によって働ける環境が変わります。短期で資格を取得して働きたい人は専門学校や短期大学などの2年制に通うと良いですが、保育所だけの業務だけではなく、乳幼児教育など子供に関連した幅広い分野を学びたい人は4年制大学か、3年制の大学や専門学校へ行くことが必要になります。学校に通うことで、子供との接し方や保護者へ子供の様子を報告する際のやり方、子育てのアドバイスやサポートの仕方などもしっかりと学ぶことができるので、保育士としての仕事を基礎から身に付けられます。