子供の笑顔に癒される日々|幅広く活躍する保育士なら大学選びが重要

幅広い視野から子供を見る

先生

子供と多く接する仕事で保育士以外に幼稚園教諭という職業があります。働く場所は幼稚園で、公立の幼稚園で勤務した場合、地方公務員となり、幅広い所で子供や保護者をサポートするのが主な仕事になるのです。子供が好きなことはもちろんですが、保護者や子供に適切な対応やサポートをするコミュニケーション能力も必要になります。また、人柄の面でも評価されやすいので長い付き合いができるといった部分も重要なのです。子供をさまざまな視点から見ることができ、小さな変化でもすぐに気付けることが幼稚園教諭には欠かせないことでもあります。
幼稚園教諭になるには免許を取得し、教員の採用試験に合格する必要があり、免許には1種と2種があるので大学や専門学校によって取得できる免許が異なるのです。大学では1種で、専門学校や短期大学では2種を取得することが可能になります。最近では、通信教育との提携で幼稚園教諭2種と保育士の資格を同時に取得できる学校もあるので、進学する学校によって変わるのです。それぞれの大学や専門学校で免許を取得し、都道府県が行う採用試験か、私立幼稚園が行う採用試験のどちらかに合格すれば、幼稚園教諭として働くことが可能になります。1種免許を取得したい場合は大学への進学が一般的ですが、早く現場で働きたい人は短期大学に行くと良いでしょう。これから必要になってくる資格で、幼稚園教諭だけではなく、保育士の資格の両方を持つことが理想とされているので、どちらも取得できるカリキュラムがある学校へ行くのも視野に入れると良いかもしれません。